独身生活に不安…

結婚相談所

30代半ばを過ぎてから、独身生活を送っていることに不安を抱くようになり、いろいろ考えた挙句に結婚相談所を利用した経験があります。

自身はオペレーターとして仕事をしていて物静かな性格なのですが、このことを起因として親しくしている友人なども少なく、寂しい毎日を送っていました。

休日には外出することも少ない状態で、インターネットなどを見て過ごす時間が長いことも、いつもの光景でした。

結婚相談所はそんな時にインターネットで見つけたものですが、事前に会員登録を行って面談が実施されることになりました。

自己アピールなどを用意する場面もあり、自身の場合では安定した職業を持っていることもあり、ある程度の自信を得ることもできました。

利用した結婚相談所では、相応しいと思われる相手が随時紹介されるシステムも用意されていて、逆にこちら側からでも積極的にパートナー探しを行うことも可能でした。

何度か結婚相談所から提案された方がいて、複数回にわたって、お見合いのような形式で出会いの場を設けることができましたが、自身の場合では口数が非常に少ないことや、元々が消極的な性格で特に女性の前だと落ち着かない状態になってしまうことも多く、婚活としては失敗を続けてしまうことになりました。

チャンスは何度も訪れることになりましたが、やはりコミュニケーション能力の低さが起因となって、親しく慣れるパートナーを見つけることができませんでした。

失敗から学んだこともあり、何となく会話のコツというものも覚え始めてきている状態です。

今までは全てが失敗に終わってしまいましたが、徐々に慣れというものも感じている状態なので、今後に大きな期待をしている状態で、結婚相談所は使い続けることを希望しています。