婚活パーティーに出席

結婚相談所

私は、祖父の代から三代続く事業を継いでおり、兄が家から出て行ったことから、二男である私が後継ぎとなり、もともとはサラリーマンとして働いていたのですが、呼び戻されました。

サラリーマン時代に結婚直前まで行くも、脱サラをすると父は家の仕事を手伝う人以外との結婚を許さないことから、話は白紙となり、恋愛から発展する結婚話はことごとくつぶれました。

このことから、父は私に黙って結婚相談所に申込み、見合いでの婚活を奨めてきました。

結婚相談所主催の婚活パーティーに出席した時のことから話します。

まず、結婚相談所の担当者といわれる女性から電話があり、プロフィール交換をしたいという女性がいることを伝えられ、了承すると、後日プロフィールを持って自宅に来られました。

プロフィールには、生年月日・氏名・経歴・仕事(職場)・家族構成などが書かれており、続けて趣味や休日の過ごし方など、お約束のパターンが書かれていました。

私のプロフィールも同時に相手に行っていたようです。

お互いの了解を取るかたちで、会うことになると、セッテイング料金10,000円を支払うかたちで、待ち合わせ場所に行き、会って話をすることにしました。

待ち合わせ場所は、ゆったりとした喫茶店でした。

特別な格好をせず、私は普段の格好で行きました。

相手の方は、プロフィールよりも若く見え、意外に綺麗な方でした。
しばらく話していると、会員になってから2年ほどと聞きました。

3回のセッテイングで、料金負担と飲食代を持ちましたが、後に分かったのですが、その人はアルバイトで登録している人で、セッティングによりコミッションを受け取る人で、数回のセッティングと飲食目的で登録している人でした。

その後すぐに退会しました。